デジタルテクノロジーの進化に伴い、顧客とのタッチポイントは増え続け、顧客体験の形は多様化・複雑化しています。
その中で取得する顧客データの種類・量は増えるばかりで、データは取得しているものの処理が煩雑で十分な分析ができていない、施策に活かせていないという声も多く見受けられます。

さらにオフラインの顧客接点が限られている昨今では、デジタル上のコミュニケーションへの期待はより高まり、今後はより正確にスピーディに、データから顧客の姿を理解し施策を進める必要があります。

本セミナーでは、現場主導での顧客データ利活用について、 AWSのBIツールであるQuickSightを利用してどのように実現するか、事例を交えて丁寧に紐解きます。
 

セミナー名

Amazon QuickSightで実現!現場主導で進める柔軟な顧客データ利活用とは
 

主催

電通アイソバー株式会社
 

講演協力

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
 

開催日時

2021年01月22日(金) 15:00 - 16:00
 

開催形式

オンライン(Webセミナー)
※ご登録いただいたお客様に視聴URLをお送りします
 

プログラム

15:00-15:05

オープニング

15:05-15:25

Amazon QuickSightを活用した現場主導の顧客データ利活用推進
電通アイソバー株式会社 データデザイン部・シニアデータアナリスト 上田 悠平

セッション概要:
デジタル化の潮流に伴い、マーケティング活動の実行と振り返りのプロセスの中で取得可能なデータは増え続けています。一方でより良いマーケティング活動を行う上でこれらのデータを素早く活用できる仕組みについても考えければなりません。本セッションではデータ活用のためにマネージドBIツールであるAWS QuickSightの利用に至った背景から実際の使用感、事例から得た学びをご紹介します。

15:25-15:45

Amazon QuickSightで始めるデータ活用
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 事業開発 伊東 大騎氏

セッション概要:
データレイクに蓄積されたデータ活用の第一歩は可視化です。可視化することでデータの特性が把握でき、データの特性を理解する中で仮説が作られ、予測等のより高度な分析に繋がっていきます。本セッションでは、すぐに使い始められるセルフサービスBIのAmazon QuickSightについてご紹介します。

15:45-15:50 クロージング・質疑応答


登壇者

 

上田 悠平

電通アイソバー株式会社 データデザイン部・シニアデータアナリスト 

Web広告運用の専業代理店にてキャリアスタート後、2016年にアイソバーにジョイン。以降、大手クライアントを中心にペイドメディア、ソーシャルメディア、CRM等の様々な領域にわたりマーケティングデータ分析や改善提案プロジェクトに携わる。現在はメーカー企業のロイヤリティプログラムの支援を中心に行い、Webサイト・ソーシャルアカウント・LINEによるアウトバウンド等、デジタル上のマーケティングチャネルを横断した顧客データ分析業務に従事。
Tableau Desktop Specialist, Salesforce Marketing Cloud EmailSpecialist保持

伊東 大騎氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 事業開発 

小売企業にてeコマース・3DCG・RFID領域のプロジェクト推進を経験後、アマゾンウェブサービスジャパンのアナリティクス事業本部にてクラウドBusiness IntelligenceサービスであるAmazon QuickSightの事業開発に従事。テクニカル・ビジネス・デザインのあらゆる観点からお客様のデータ活用を支援している。

参加申し込みフォーム

お申し込み受付は終了しました。
Download The free eBook