2018年、ロンシャン・ジャパンは大きなチャレンジを迎えていました。
日本でのブランディングの確立、増えるタッチポイントへの対応、OMO・デジタルシフト、ミレニアル層へのアプローチ・・ 変革のために、まず着手したのは「顧客の姿をクリアに捉える」ことでした。

本セミナーでは、ロンシャン・ジャパンにてマーケティング部門を統括する横島 愛弥 氏をゲストに迎え、ロンシャンがどのように顧客起点で日本でのマーケティング戦略を練っていったのか、またグローバル企業ならではの課題への向き合い方を探ります。
また、顧客起点のアプローチを推進するにあたり、社内の各ステークホルダーと意識を合わせ、同じ方向を向くためのコミュニケーション方法についても、実際に実践された方法を元に紐解きます。

本社の方針に沿いつつ、日本市場のニーズをとらえたマーケティング戦略を展開したいグローバル企業の方や、顧客中心の取り組みを進めたいとお考えの方は、ぜひご視聴ください。
 

セミナー名

ロンシャン・ジャパンに学ぶ、グローバル企業のCX戦略
~日本のマーケットをとらえた顧客起点のアプローチ~
 

主催

電通アイソバー株式会社
 

開催日時

2020年10月21日(水) 15:00 - 16:00
 

開催形式

オンライン(Webセミナー)
※ご登録いただいたお客様に視聴URLをお送りします
 

プログラム

15:00-15:05 オープニング
15:05-15:45 トークセッション
ロンシャン・ジャパン株式会社 マーケティング&コミュニケーション部 ディレクター 横島愛弥 氏
電通アイソバー株式会社 アカウント エグゼクティブ 清水 麻里子
電通アイソバー株式会社 アカウント ディレクター 河村 枝里
15:45-15:55 CX DESIGNの実現に向けて
電通アイソバー株式会社 アカウント エグゼクティブ 清水 麻里子
15:55-16:00

クロージング


登壇者

 

横島 愛弥 氏

ロンシャン・ジャパン株式会社
マーケティング&コミュニケーション部 ディレクター 

早稲田大学法学部を卒業後、オリエンタルランド(東京ディズニーリゾートの経営・運営会社)に入社。テーマパーク事業戦略、WEBマーケティング、投資家向け広報などに従事。アメリカのケロッグ経営大学院でMBAを取得後、スペインのインディテックス本社(ZARAの親会社)にて新規テクノロジーの導入プロジェクトをリード。コーチ・アジアのデジタルマーケティング責任者としてデジタルシフトを主導した後、現在はロンシャン・ジャパンのマーケティング責任者として、PR、メディア、デジタル、Eコマース、CRM、セールスプロモーションを統括。

清水 麻里子

電通アイソバー株式会社 
グローバルビジネス部 アカウント エグゼクティブ

慶應義塾大学法学部を卒業後、日本IBMでキャリアをスタート。ITソリューションサービスの営業として、金融業界を中心に幅広いクライアントを担当。特に企業の働き方改革の中心となるワークプレース最適化に寄与するプロジェクトをリード。2018年11月に電通アイソバーに入社後はロンシャンをはじめ外資系クライアントを中心にアカウントマネージャーとして従事。CXを起点としたマーケティング・コミュニケーション領域に関してコンサルテーションからエグゼキューションまで様々なプロジェクトを推進。

河村 枝里

電通アイソバー株式会社 
グローバルビジネス部 アカウント ディレクター

イギリス生まれ、香港育ち。約10年間、外資系クライアントを中心に、国内・海外向けのオウンドメディア、ソーシャルメディア、O2Oイベント等のデジタル・マーケティングやアクティベーション、eコマースのローカライゼーションを担当。近年では、グローバルオムニチャネル戦略、デジタルトランスフォーメーションやPMO設立等のアカウント・プログラムマネージメント業務を推進。PMP® 認定。

参加申し込みフォーム

お申し込み受付は終了しました。
Download The free eBook