日々変わりゆく昨今、暮らしや価値観は大きく変化しました。物理的な活動が制限される状況は続き、生活のあらゆる面での見直しやオンライン化、デジタル活用が進みつつあります。

これらの状況化で変わりつつある顧客体験のニーズに対して、ECを中心としたオンライン、店舗を中心としたオフライン共に顧客体験は日々進化し、続々と新しいサービスや取り組みが始まっています。 店舗の来店機会が減少してオンライン需要が急増しているからといって、ECを強化し実店舗の縮小をすればよい訳ではなく、顧客は従来のECや店舗での体験価値向上から、チャネルをシームレスに横断するだけではないワンランク上の体験を求めています。

本セミナーでは、顧客と店舗の繋がりをテーマに、デジタルを活用していかにワンランク上の顧客体験を提供しビジネス向上につなげるか、電通アイソバー、電通ライブ、そしてプレイドの3社がそれぞれの視点から紐解きます。 今取り組むべき新たな店舗体験創出のヒントや、チャネルを横断した顧客体験の向上をお考えの方はぜひご視聴ください。
 

セミナー名

店舗×デジタルで実現する、ワンランク上の顧客体験
~店舗の体験価値を向上させるDXとは~
 

主催

電通アイソバー株式会社
株式会社電通ライブ
株式会社プレイド
 

開催日時

2021年05月27日(木) 15:00
 

開催形式

オンライン(Webセミナー)
※ご登録いただいたお客様に視聴URLをお送りします
 

プログラム

15:00-15:05

オープニング

15:05-15:25

店舗DXで促進するオンラインとオフラインの融合
電通アイソバー株式会社  口脇 啓司  

15:25-15:45

生活者視点で考えるOMO
株式会社プレイド 宮下 巧大氏

15:45-16:05

RX : リアルトランスフォーメーション
株式会社電通ライブ 浜本 悟史氏 

16:05-16:20 クロージング・質疑応答


登壇者

 

口脇 啓司

電通アイソバー株式会社 プラットフォームコンサルティング部 エグゼクティブ プランニング ディレクター

アパレルメーカーのリアル店舗運営を経験したのち、アパレル業界のEコマースでモール側、メーカー側を経験。事業者側でEコマース、オムニチャネルやDXをマネージャーとして推進してきた。ECビジネスにおいては12年経験。2019年7月より電通アイソバーに参画し、事業者目線、顧客目線を活かした店舗DXサービス開発に従事している。

宮下 巧大氏

株式会社プレイド Brand Activation Sub leader 

東京藝術大学修了の後、建築設計事務所で建築デザインを経験、issue採用をきっかけに2020年よりPLAIDに参画。データを活用したリアル空間での顧客体験を創るプロジェクトの推進及びソリューション開発を担当。

浜本 悟史氏

株式会社電通ライブ スペース&ビジュアルデザインルーム 空間プロデューサー

展示会等の仮設ブースの企画/展示キュレーションや、企業の旗艦店やイノベーションオフィスなど常設施設の企画/コンサルティングなど、幅広いジャンルの空間をプロデュース。
 

参加申し込みフォーム

お申し込み受付は終了しました。
Download The free eBook